包茎手術の術後ケア|包茎の手術や治療について[東京・大阪]

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>包茎の手術や治療について>>包茎手術の術後ケア

包茎手術の術後ケア(アフターケア)

包茎の手術や治療の術後管理やアフターケアのご案内。アフターケアは全て無料で対応しております。術後は原則通院不要ですが、ご心配なことや不安なことなどございましたらお気軽にご相談・ご来院ください。24時間対応しております。

  • 包茎の手術や治療後に通院頂く必要は原則ありませんが、ご自身での管理が大切になります。
  • 包茎の手術や治療の後は、当院からの注意事項をよく守ってください。

包茎手術直後の状態

包茎手術が終わったら、患部に薄い包帯を巻いて終了です。

この包帯は、包茎の手術や治療専用の特殊な包帯です。

ズボンの上から股間が膨らんで目立つこともありませんし、普通に歩いて帰れますので「包茎の手術や治療を受けたこと」は誰の目にもわかりません。
ご安心下さい。


包茎手術当日からの日常生活

入浴・シャワー

  • 包茎手術当日から、シャワーを浴びることが出来ます。(3日間は患部をぬらさないように留意してください)
  • 手術後4日目より、全身シャワーを浴びることができます。
  • 入浴は手術後2週間目より可能となります。

運動や仕事

  • 原則仕事に対する制限はありません。包茎手術から1週間程度は患部に強い刺激を与えないように留意してください。
  • 軽い運動は3日後から、通常の運動は1週間後から可能です。

飲食物・アルコールの制限

  • アルコール類は原則として1週間程度禁止となります。
  • その他に関しては原則制限はありませんが、包茎手術から3〜4日間程度はなるべく辛い食べ物や飲み物は控えるようにしましょう。

性行為・マスターベーション等

  • 包茎手術後の性行為は原則として3週間禁止となります。表面的には1週間程度で治っているようになりますが、まだ完全ではありません。3週間は様子をみてください。
  • マスターベーションも同様になります。

その他の日常生活上の注意点

  • 排尿・排便などは問題ありません。
  • 車の運転は問題ありません。
  • 自転車やバイクなど患部へ直接刺激を与えるような乗り物は包茎手術から3日間ほど控えてください。
  • ※仕事の都合上バイクなどに乗る場合は一度ご相談下さい。対応方法について検討します。

その他の注意事項

  • 縫合した糸は包茎手術から3週間程度で自然になくなりますので、原則抜糸の必要はありません。
  • 治療後は患部を清潔にするように心掛けてください。
  • 包茎手術の後は原則通院不要ですが、ご心配があればいつでもご来院ください。
    アフターケアは何度ご来院頂いても無料です。

アフターケア24時間対応

包茎の手術や治療を受けた後日(手術後)は、本来あまり心配する必要は無いのですが、包茎手術は皆さんにとって初めてのことです。

包茎手術の経過について、ちょっとした事でも不安を感じることがあるかもしれません。

そんな時でもご安心下さい。

当院では包茎手術を受けられた患者様を24時間体制でバックアップしております。
夜中に、心配なこと、ちょっと聞きたいことがあった場合でも専属スタッフ が24時間対応していますのでご安心下さい。

アフターケア無料

包茎手術や治療後の経過に関する診察や診療は全て無料で対応しております。
心配なことがあればいつでもご来院下さい。

包茎の手術や治療のアフターケア

仮性包茎 真性包茎 カントン包茎など、包茎についての詳しい説明は包茎の基礎知識のページをご覧下さい。


■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について
ページの先頭へ
割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom