クランプによる包茎手術

[東京・大阪]銀座みゆき通り美容外科
0120-040-9390120-858-300 メール相談メール予約

様々な包茎の手術や治療

クランプを用いた包茎手術

クランプ法による包茎手術

クランプという包茎手術専用の器具を用いて行われる包茎の治療方法です。本来この手術方法は幼児を対象として開発されたものですが、成人を対象としても行える手術方法です。

今から20年ほど前は多くの包茎手術専門のクリニックが行っていた手法で、亀頭直下法が主流となっている現在では、表面的には使用していないとされている包茎の手術方法ですが、他の手術方法のようにある一定レベルの外科的技術を要せず、比較的容易に包茎手術を安全に行うことができるため、パートやアルバイト医師などを多く採用して手術を行っているクリニックでは今でも多く行われていると聞きます。

(大手の包茎手術専門クリニックでもこの方法を行っているクリニックがあるようです)

また、包茎手術の出来栄えについても、図のような器具を使用するため、以下のようなデメリットがあります。

  • 内板側の包皮が比較的多く残るため、「ツートンカラー」になりやすい。
  • 器具により締め付けられ座滅(皮膚がプレス加工されたような状態)した皮膚同士を縫合する為、傷が固くなったり盛り上がったり、傷の治りが悪くなったりしやすい。(図を参照)
  • レーザーメスを併用することが多く、傷口が目立ちやすい。(レーザーメスを使用した場合、切断面はレーザーの熱によりダメージを受ける為、傷が綺麗になりづらく、また、通常より縫合する幅を広くしなければならないため、傷が目立ちやすい。)

※クランプを使用した場合でも器具に改良を加えたり手法を改良したり、など亀頭下埋没法と仕上がりの状態が極端に変わらないように工夫されている熟練医師もいるようです。

旧式の包茎手術同様に当院に修正手術のためご来院頂いた方の多くはこの術式によるものです。

クランプによる包茎手術のメリット

  • 比較的容易な包茎手術の方法な為、高度な外科技術を必要としない
  • わずか10~15程度と短時間での手術が可能
  • 手術中・手術後の出血がほとんどない

クランプによる包茎手術のデメリット

  • 亀頭下より傷が根元に下がりやすいため、普段から傷が見える
  • 明るい内板包皮が残りやすい為、傷を境にして色の違いがクッキリと分かれる
  • クランプにより縫合部周辺組織が座滅し、固く盛り上がりやすい
  • レーザーメスを使用した場合傷が目立ちやすい

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。

メールでのご相談には、私たちがお答えいたします

担当医
ご相談・メール相談ご予約・メール予約
大阪院 大阪院 東京院 東京院

ページのトップへ戻る