性病や性感染症|包茎の手術や治療は認定専門医に![大阪]

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>包茎の基礎知識>>包茎がなりやすい病気や症状について>>性病・性感染症

包茎がなりやすい病気や症状について



性病・性感染症・STD

STDは、性感染症(Sexually Transmitted Diseases)の略語で、全ての性行為(SEX以外でもディープキス、ペッティング、フェラチオ、クンニリングス、アナルセックスなど)によって感染する病気のことをいいます。

性行為の相手については、同性・異性を問いません。また、原因微生物には、細菌、ウイルス、原虫、など多種多様に存在します。

以前はセックスで感染する病気を性病と総称し、梅毒・淋病・軟性下疳・鼠形リンパ肉芽腫などに限られていましたが、性の多様化に伴い、性行為によって感染する病気や症状が急激に増えてきたことを背景に現在では、これら性病を含めた十数種類の感染症を総称して性感染症(STD)と呼ぶようになりました。

性感染症(性病)の原因となる病原体は、傷のない健康な皮膚からの感染リスクはほとんどなく、体液(精液、膣液、血液など)の中に含まれ、おもに人体の粘膜(陰茎、膣、肛門、尿路)を介して感染します。

その他、口腔、のど、気道、眼から感染することもあります。

梅毒や淋病・軟性下疳・鼠形リンパ肉芽腫など性病以外の性感染症では、症状が分かりにくいものも多く、疑われる場合は、医療機関で受診するようにしましょう。

性尿や性感染症の種類や症状により完全ではありませんが、多くの場合は、コンドームを使用することで有効な予防効果が得られますので、性行為に及ぶ際は、終始コンドームの装着を心掛けると良いでしょう。

原因微生物による性病(性感染症)の種類

1.細菌性
淋菌感染症、非淋菌性非クラミジア性感染症、軟性下疳
2.ウイルス性
性器ヘルペス、尖圭コンジローマ(コンジローム)、ヒトパピローマウイルス(HPV)、HIV感染症、B型肝炎、C型肝炎
3.原虫や虫の仲間
膣トリコモナス感染症、疥癬、ケジラミ症
4.その他の微生物
性器クラミジア感染症、性器カンジダ症、鼠形リンパ肉芽種症、梅毒など

性病(性感染症)の種類

性病 性感染症 STD

梅毒・淋病・軟性下疳・硬性下疳・そけいリンパ肉芽腫・HIV・非淋菌性尿道炎・毛虱・ヘルペス・カンジタ・尖圭コンジロームなど

亀頭周辺のブツブツ

亀頭の周辺にイボ状の出来物がある方はそのまま放置せず、一度は当院や同様の泌尿器科を受診してください。本来亀頭周辺は皮膚の凹凸感が若干あるものの、明らかな出来物は通常ありません。可能性として、性感染症(性病)の「尖形コンジローム」(感染する)、包茎など不衛生な為にできる「フォアダイス」(感染しない)などが考えられます。専門医が診察すればいずれのタイプかすぐに判断がつきますが、尖形コンジロームやフォアダイスは酷似しており一般の方にはおよそ見分けは付かないでしょう。また痛みや出血など自覚症状が無いためなおさらです。

性病(性感染症)の種類とその症状

クラミジア
男性は尿道炎。かゆくなり、米のとぎ汁のような薄いウミが出る。女性は子宮頸管炎。症状はほとんど無し。放置しておくと不妊症、流産しやすくなる。発病は性行為後2週間以上してからが多い。
淋病
黄色のネバネバしたウミが出る。排尿時、尿道に焼けるような痛み。発病は2〜3日から1週間が多い。男性の場合、治療せずにおくと菌血症という病気になり、関節炎などの色々な病気を起こす。
尖圭コンジローム
ペニスの亀頭、陰茎部、陰嚢、肛門周囲などに早いスピードで、ニワトリのトサカ状のイボができる。女性がかかると、大陰唇→小陰唇→膣の中へと進行する。
ヘルペス
口の周りがただれるタイプと性器に出るタイプがある。性器ヘルペスの症状は、ピリピリと痛くなる→赤くなって腫れる→小さな水ぶくれ→数個〜数十個になる→破れてただれる。女性の場合、痛みがひどい。口のタイプが性器に出たり、その逆も。“シックスナイン”の産物。
カンジタ症
カビの一種。女性は皆持っているが、妊娠の可能性の無い女性が発症する。子供、更年期以降の女性、妊娠、ピル服用女性など。膣の中がかゆくなり、“おりもの”が多くなる。男性が感染すると、性器の皮膚炎や尿道炎を起こす。
トリコモナス
原因は原虫。女性の症状は膣がかゆくなり、“おりもの”が多くなり悪臭をともなう。男性は前立腺炎。女性がトリコモナスになった場合は男性(パートナー)も治療が必要。
毛虱(ケジラミ)
陰部がかゆくなる。発病(かゆくなる)まで1〜2ヶ月。症状が出た時は、かなり増えている。
A・B・C型肝炎
A型は肛門性交で感染。B型・C型は血液を介する感染。
キス病
原因はウィルス。持っている人とキスをすると、かかる。高熱が出たり肝臓などが腫れて重体のケースも。日本人は原因ウィルスを持っているので安心。
エイズ
男性から女性への感染が圧倒的に多い。性病を持っている男性は、たとえ1%でもエイズウィルスが入るとかかりやすくなる。

包茎だと性病(性感染症)に感染しやすい理由とは?

以前から、包茎性病(性感染症)とのその深い関係性について指摘されておりましたが、中でも、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染に関して、近年国内外において、割礼(包茎手術など)によって感染リスクが低減するという研究結果が複数あります。

割礼を宗教的儀式として行うユダヤ系キリスト教徒など、他の割礼を行う習慣のある民族や国々におけるHIV感染率が低いことからも、割礼(包茎手術など)で、 傷つきやすく免疫関連細胞の多い内板包皮を切除することで、HIVの侵入・感染が抑えられる為だと考えられています。

HIVに限らず、性病や性感染症の多くは健康な皮膚からの感染はほとんどなく、人体の粘膜(陰茎、膣、肛門、尿路)を介して感染することは、前述しておりますが、包茎の状態では、亀頭包皮炎に代表されるように、炎症を起こしやすい状態であるため原因ウィルスや細菌などによる浸襲を受けやすいといえます。

特に亀頭部は通常の皮膚のように厚い皮膚でガードされておらず、極薄い皮膜によって亀頭粘膜を保護している状態ですが、包茎の場合、常に亀頭周辺が湿潤傾向にあり、皮膜自体が より、薄く、弱い状況となりやすい為、亀頭粘膜の外側にあるとされる感覚受動体など、ウィルスや細菌の影響を受けやすい組織が浸襲されやすく、様々な性病や性感染症に感染しやすいと考えられます。

包皮内板(普段隠れている内側の包皮)も同様に外側の皮膚と比較し薄く弱いため、セックスやマスターベーションその他の外的刺激により容易に損傷し、性病や性感染症の影響を受けやすく、感染しやすい状況となります。

これら、多くの要因から、包茎の場合は性感染症に感染しやすいということがいえます。

通常の場合、二次成長を終える頃に亀頭部が露出されるいわゆる「露茎」の状態になりますが、この時期を過ぎてもかぶっている場合、それ以降包茎の状態は改善されることはありませんので、治すためには包茎手術を受ける他ありません。

※包茎の方は性病や性感染症に感染しやすいとされています。
性病や性感染症を繰り返す場合は包茎治療を前向きに検討してください。


包茎の手術や治療については、「包茎の基礎知識」や「包茎手術 包茎治療」をご覧下さい。

包茎手術 包茎治療へ


■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について
ページの先頭へ
割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom