仮性包茎|包茎の手術や治療は認定専門医に![東京・大阪]

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>包茎の基礎知識>>包茎の種類について>>仮性包茎

包茎の種類について



仮性包茎

仮性包茎

仮性包茎とは、普段は亀頭の一部分あるいは全体的に包皮で覆われていますが、勃起時には亀頭が露出する、もしくは容易に亀頭を露出することが可能な状態をいいます。
仮性包茎の主な原因は、包皮が勃起時の陰茎より長いことです。
仮性包茎の状態は他の真性包茎カントン包茎と異なり、排尿や性行為など機能的な影響はほとんどありませんので、必ずしも包茎の手術や治療の必要性はありませんが、仮性包茎の状態でも様々な弊害を及ぼす場合があります。


仮性包茎の分類

仮性包茎とは前述したように亀頭を露出することが可能な包茎の状態のことを言いますが、包皮の状態により、数種類に大別されます。

余剰包皮型

余剰包皮型の仮性包茎は純粋な仮性包茎といった感じの仮性包茎で、ただ単に包皮が長い包茎で、一般的に最も多い包茎の状態です。

余剰包皮の切除(包茎手術)で容易に治療が可能です。

最近では、余剰包皮が極少ない場合に限り、陰茎根元の包皮内組織(皮下組織)を数箇所糸で結んで皮下にしまいこみ、根元でたわみを作ることで改善できる「包皮固定埋没法」など簡易的な包茎治療の方法もありますが、元にもどる可能性や余剰包皮が長い包茎の場合は適応にならないこともあります。

※包茎手術の詳しい内容については「包茎手術・包茎治療」をご参照下さい。

絞約型

絞約とは、「締め付け・狭い」などの意味合いのものとお考え下さい。

絞約の程度(軽度・強度)によって仮性包茎を分類し、説明します。

軽度絞約型

軽度の絞約型は、包皮口が他の包皮の外周よりも短いため幾分狭まっておりますが、勃起時も非勃起時(普段)も容易に亀頭を露出することが可能なため、多くの方は指摘されないと分からない程度の極軽い絞約のため、普通の仮性包茎と認識している方がほとんどです。

あえて、軽度の絞約についてもここで触れる理由は、将来、特に50歳以降に多い症状の包皮裂傷や二次性真性包茎閉塞性乾燥性亀頭炎などを誘発する原因となるからです。

仮性包茎の絞約型では、勃起時に亀頭を露出するため、その狭い部分は他の包皮よりも押し広げられ引っ張られていることとなり常に負担がかかっている状態となります。

若年層では皮膚が比較的丈夫なため症状がでることは少ないのですが、50歳代以降ともなると新陳代謝や抵抗力・免疫力などの低下により皮膚が弱くなり、絞約部にかかる負担に皮膚が耐えられなくなります。

すると結果として皮膚が部分的に切れ易くなり、次第に慢性化する傾向が強くなります。

無切開の治療方法は、適用にならず、余剰包皮の切除による包茎手術となります。

通常、この軽度絞約型の仮性包茎は包皮も長いため、余剰包皮の切除を行う必要があるのですが、余剰包皮の切除範囲に絞約部がある場合は、余剰包皮を切除することで、同時に絞約も改善されます。

切除範囲外の場合は、絞約部の解除を目的とした治療との複合治療が必要となる場合があります。

強度絞約型

一般的にカントン包茎と言われている包茎の状態のことで、カントン包茎は本来仮性包茎の絞約型(強度)に分類されます。

包皮口が他の包皮の外周よりも極端に短く狭まっており、普段の状態でも亀頭を露出した際に締め付けられるように感じたり、勃起時には露出できなかったり、露出すると締め付けによる強い痛みを感じたりすることがある包茎の状態です。

仮性包茎に属するとはいえ、極めて真性に近い仮性包茎のため弊害が多く、返って真性包茎よりも包茎による弊害が強くなることもあります。

性交渉においても危険を伴う場合もあり、できるだけ早いうちに包茎の手術や治療を受けられることが望ましいと考えられます。

カントン包茎についての詳細は「カントン包茎」を参照してください。

仮性包茎の及ぼす弊害

仮性包茎の及ぼす可能性のある弊害として次のようなことがあげられます。

亀頭包皮炎
仮性包茎に限らず包茎の状態は、包皮内板(※包茎の基礎知識参照)が弱いため、わずかな刺激でも皮膚にダメージを受け、炎症を起こしやすくなります。
そのため、亀頭炎や包皮炎などの症状にかかりやすいといわれています。
二次性真性包茎
仮性包茎の方でも、包皮炎を繰りかえすうちに、包皮が次第に萎縮し包皮口が狭まり、亀頭を露出できない状態(真性包茎)となることがあります。
性感染症
仮性包茎の方であっても、包茎の状態は包皮内板がウィルスや細菌による影響を受けやすいことがわかっています。また、自覚症状がなくても包皮内板や亀頭に幾分のダメージをおっている場合が多く、一層"性病や性感染症などの感染確率が高くなると考えられます。当院の統計でも、性感染症の治療のため来院された患者様の約9割近くの方は、包茎の状態です。
精神的弊害
日本では、包茎という言葉は、人を蔑む言葉として使用されることがあり、包茎を忌み嫌う習慣が江戸時代より始まり、現在に至っていることが歴史的文献からも分かっております。そのため、仮性包茎でも包茎であることが精神的な弊害となることが多いようです。
発育不全
ペニスも体の成長に伴い成長していきますが、仮性包茎を含む包茎の状態は、包皮に邪魔されて陰茎や亀頭の発育を妨げている場合があります。特に亀頭の発育を阻害する傾向にあるように思われます。幼少時に割礼などにより亀頭を露出する習慣のある国々の男性器や日本でも幼少時から亀頭を露出している方の亀頭の発育状態に比べ、成人まで包茎であった方の亀頭は例外も多くありますが、一般的に亀頭が小さく、先細り傾向にあるようです。
早漏
早漏の原因としては、精神的な要因や刺激、射精をコントロールする筋力など幾つかの要因が考えられます。そのため、包茎が早漏の原因とは言い切れませんが、包皮内板や亀頭部などが過敏症状を呈していることが多く、仮性包茎など包茎であることが少なくともその原因の一つとして大きく影響していることは否定できません。

包茎手術 包茎治療


■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について

包茎の種類について



ページ先頭へ
割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom