真性包茎|包茎の手術や治療は認定専門医に![東京・大阪]

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>包茎の基礎知識>>包茎の種類について>>真性包茎

包茎の種類について



真性包茎

真性包茎

真性包茎仮性包茎のように亀頭を全く露出することが出来ません。
衛生上の問題や機能的弊害など、健康上様々な問題が危惧されますので、手術の必要性は高いといえます。
また、真性包茎は亀頭を全く露出できない原因によりいくつかのタイプに分類することができます。


真性包茎の分類

真性包茎癒着型

真性包茎には、亀頭と包皮内板の一部もしくは広範囲が癒着しているために亀頭を露出することが出来ない「癒着」によるものがあります。

通常、体の成長とともにこの癒着は解除されますが、癒着が十分に解除されなかったか、あるいは後発的に亀頭包皮炎などの要因による癒着が生じ、真性包茎となった場合があります。

包茎を治す場合、この癒着を治さないと包茎手術を確実に行うことが出来ませんので、まずは癒着を改善するための手術や処置が必要となります。

この癒着は年齢が進めば進むほど強固なものとなりますので、少しでも早めに包茎手術を受けることが望ましいといえます。

真性包茎強度絞約型

真性包茎には、包皮口か非常に狭まっているために亀頭を露出することが出来ない極度の絞約に起因するものがあります。

この包皮口の絞約は、通常成長の過程で押し広げられ、露茎か仮性包茎になるわけですが、もともとの狭まりが極度に強い場合、全くと言っていいほど拡げられず真性包茎になったと考えられます。

このような真性包茎の場合、背面切開など皮膚の伸展形成術を用いて包皮口を広げ一時的に仮性包茎に近い状態にし(亀頭を露出できるように)、合わせて余剰包皮の切除(包茎手術)を行います。

余剰包皮の切除(包茎手術)を施さずに、包皮口の狭まりだけを改善する場合もありますが、それだけでは十分に狭まりを解除することが困難な場合が多く、手術後の浮腫などの原因となるため、当院では極力同時の手術として行います。

真性包茎ピンホール型

真性包茎には、強度絞約型よりもさらに包皮口が狭い、「ピンホール型」があり、包皮口は尿をかろうじて排泄できる程度の穴しか開いていないタイプがあります。

他の詳細については真性包茎強度絞約型と同様になりますのでそちらを参照してください。

真性包茎混合型

真性包茎のタイプとして、前述した「癒着型」「強絞約型」「ピンホール型」では、「強絞約型」と「癒着型」、「ピンホール型」と「癒着型」が、それぞれ複合して真性包茎となっている場合があります。

このような場合は、それぞれの包茎の手術や治療方法を複合して真性包茎の手術を行う必要があります。

真性包茎の及ぼす弊害

真性包茎の及ぼす可能性のある弊害として次のようなことがあげられます。

亀頭包皮炎
真性包茎は、包皮内板や亀頭が弱く、雑菌の温床となっているために、ほとんどのケースで慢性的な亀頭包皮炎を確認できます。また、恥垢が長年かけて、石灰化し、包皮や亀頭に傷を付けていることもあります。
尿路感染症
細菌を常に溜め込む真性包茎の状態は、細菌が繁殖し尿道より尿路に容易に侵入し、尿路感染症をきたす可能性が高くなります。進行し、精巣上体炎や膀胱炎、腎盂腎炎になることもあり、無精子症や命に関わる重篤な病気を誘引する可能性についても危惧されます。
性感染症
包茎の状態では包皮内板がウィルスや細菌による影響を受けやすいことがわかっています。真性包茎は包皮内板や亀頭に慢性的な炎症を生じていると考えられるため、一層性病や性感染症などの感染確率が高くなります。
精神的弊害
日本では、包茎という言葉は、人を蔑む言葉として使用されることがあり、包茎を忌み嫌う習慣が江戸時代より始まり、現在に至っていることが歴史的文献からも分かっております。そのため、真性包茎を含め包茎であることが精神的な弊害となることが多いようです。
発育不全
ペニスも体の成長に伴い成長していきますが、真性包茎の状態は、包皮に邪魔されて陰茎や亀頭の発育を妨げる傾向があります。特に亀頭の発育を阻害する傾向にあるようです。割礼などにより幼少時に亀頭を露出する習慣のある国々の男性器や日本でも幼少時から亀頭を露出している方の亀頭の発育状態に比べ、成人まで包茎であった方の亀頭は、例外もありますが、一般的に亀頭が小さく、先細り傾向にあるようです。
遅漏・不感症・ED
真性包茎の場合、勃起時も亀頭を露出できないため、ペニスの主な性感帯である亀頭冠(かり首)・包皮小帯・尿道口などが、外板包皮に保護された状態のまま性行為を行うことになるため、刺激が少なく射精に時間がかかることや、勃起を維持することが困難となり、勃起障害(ED)などの症状の原因となる場合もあります。
不妊症・膣炎など婦人科疾患
真性包茎の方でも、包皮先端が極端に狭まっているために性行為において痛みを感じない場合があります。このようなケースでは、性行為としては成立するのですが、常に細菌を溜め込んだ状態のままの性行為は、女性に対して膣炎やその他の婦人科疾患を誘発する原因となったり、妊娠させる可能性が低くなるといわれています。

※一般的な包茎の害については、包茎の害を参考にしてください。


包茎手術 包茎治療へ


■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について

包茎の種類について



ページ先頭へ
割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom