包茎手術 包茎治療|包茎の手術や治療は認定専門医に![東京・大阪]

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>包茎の手術や治療について>>包茎手術 包茎治療

包茎の手術や治療の方法についての詳しいご案内。専門医による確かな治療を適正費用でご案内しております。お気軽にご相談ください。

包茎は病気?包茎手術は必要なのか?

包茎は病気ではないので、絶対に治さなければいけないということではありませんが、温泉で・サウナでなどあらゆるシーンで劣等感が付きまとうのも事実です。

包茎手術をしてこのような思いから開放され、その後を有意義に過ごすか、それとも、そのまま過ごすかは貴方次第です。

今は、一昔前に比べると医療技術が進歩しているだけでなく、費用面でもかなりリーズナブルになり、包茎手術は一般的な治療として、広く知られ多くの方がお受けになられています。

それでも手術に踏み切ることができないのは、「恥ずかしい」という思いが先に立つことや、痛み、費用などに対する不安があるからではないでしょうか?

一生の恥より一時の恥

恥ずかしいという思いについては極力皆様がそのような思いをせずに包茎手術に望めるよう、最大限の配慮をしておりますが、こればかりはどんなに説明しても、完全に払拭することはできないかもしれません。

ですが、こう考えてみてください。

<ずっと恥ずかしい思いをするか・・・>
<1度だけ恥ずかしい思いをして後々の恥ずかしさから開放されるか・・・>

包茎のデメリット

  1. 恥かしさや・コンプレックスなどの劣等感
  2. 泌尿器関連の病気や症状へのリスク
  3. セックスへの不安や恐怖・早漏傾向

恥かしさや・コンプレックスなどの劣等感

「包茎の恥かしさや・コンプレックスなどの劣等感」これは包茎の状態である方であれば必ずといってよいほど感じていることではないでしょうか?

学生の頃であれば、修学旅行や合宿など、社会人になってからは同僚との裸の付き合い、女性との事、ご年配の方であれば老後の介護などを想像して・・・

包茎での様々な思いは、年齢を問わず幅広い日常生活の中で感じることです。

泌尿器関連の病気や症状へのリスク

包茎であることは、前にも述べましたように、病気ではありませんので、必ずしも手術をしなければならないものではありませんが、私たち医療従事者が考える包茎であることが最も問題と考える点は、泌尿器関連の病気や諸症状へのリスクです。

当院の過去15年の統計から職業別に見た場合、医師や看護師・介護士(男性)・など医療従事者が包茎手術を受けられる割合が高い理由は医療従事者が包茎のリスクを一般の方よりもよく知っている結果といえます。

包茎による泌尿器関連の病気や諸症状に対するリスクは多岐にわたりますが、それらのリスクを伴う主な要因は、
「病原菌や細菌の温床」となることです。

下記のイラストをご覧下さい。

包茎は病原菌の温床

イラストで示しているように、包皮が亀頭に長い時間おおいかぶさっている包茎の亀頭と包皮の間は、通気性が乏しく体温で暖められ常に湿った状態となります。

この状況は、病原菌や細菌が繁殖しやすく、最も適した環境となってしまっています。
このように、包皮や亀頭は常に雑菌にさらされることになり「亀頭炎や包皮炎」に、そして、繁殖した細菌が尿道内へと進入していき尿道に炎症をきたすと「尿道炎や尿路感染症」に、また、パートナーが性病にかかっていた場合では、ほんのわずかな菌でも容易に繁殖・増殖し「性病に感染」することになります。

セックスへの不安や恐怖・早漏傾向

全ての包茎の方が「早漏」の症状を伴うなわけではありません。

しかし、包茎の状態は常に亀頭が包皮で「保護」されているため、パンツで擦れたりなど普段からの「刺激に耐える訓練がなされていない」ために過敏となり、早漏の大きな原因の一つとなっていることは言うまでもありません。

ペニス全体が「性感帯」ともいえますが、とりわけ亀頭部は特に感じやすい部分です。

ムケていれば常に刺激に耐えているため過敏症状も緩和してきます。また、亀頭の表面の皮膜という薄い皮(上皮)も包茎よりもしっかりとした厚みのあるものとなります。

このような理由からも、包茎だと早漏になるのは当たり前かも知れません。

そして、早漏の症状の程度やご自身の気にされ方にもよりますが、早漏のコンプレックスをもたれている場合、セックスに対する不安や恐怖心を抱く方もいらっしゃいます。

女性が性行為で満足できるか、できないかは、男性次第です。

射精をコントロールできず男性だけ先に終わってしまったら、残された女性はやはり少なからず不満を感じざるを得ないかもしれません。

ほんの少しだけ、皮が長いだけなのに・・・

ほんの少しのことなのに、損することが多いのが包茎です。

包茎は矯正器具で治せますか?

最近、インターネットなど様々なメディアで、「矯正器具で包茎を治す」という広告をよく見かけることがあります。

はたして、包茎は矯正器具などで、手術をしないでも本当に治るのでしょうか? 医学的な答えは“NO”です。

包茎の症状となる原因は、

  1. 包皮そのものが通常より長いため
  2. 包皮口(皮がかぶった状態の一番先端部分)が狭まっているため
  3. 亀頭と包皮が癒着しているため

のいずれかか、いくつかの原因が複合していることによるものです。

矯正器具にはいくつか種類があるようですが、
1の包皮そのものが長いことを矯正することは絶対にできません。

包皮は軟部組織の「皮膚」ですので、伸ばすことはできても縮ませることはまずできません。

2の包皮口が狭まっている場合は、狭い部分を広げれば理論上可能ですが、広げるには限度がありますし、皮膚自体に負担を強いることになり、包皮が切れるなど多くのトラブルが生じております。

3の亀頭と包皮の癒着は外科的な処置でなければ治すことはできません。

やはり、包茎は手術で治すのが確実です。

経験豊富でハイクオリティー。費用も痛みも傷も安心対応の包茎手術

当院の包茎手術は適正価格

当院では、美容医療技術に基づいた、適切な費用を設定しております。また、一部のクリニックで見られるような、事前のお見積もりと、実際の治療費用が異なるようなことはありません。全て、ホームページ等で公開している治療費用に基づいており、正確に事前にお見積もりをしておりますので、ご安心下さい。

治療費用については「治療費用の一覧」をご覧下さい

包茎手術の痛みについて

包茎手術に際し伴う「痛み」は「手術時」と「手術後」です。それぞれの段階で痛みを伴う場合と痛みを伴わない場合には理由があります。

包茎手術は例外なく全て「局所麻酔」を施し行なわれます。
包茎手術の際に感じる痛みは、この局所麻酔を行なう際のみで、局所麻酔が済めば、どなたでも必ず手術中は「完全無痛」の状態となり、手術中に痛みを感じることはありません。

包茎手術時の痛みは、この局所麻酔の際の痛みをどのように抑えるかということがポイントとなります。

麻酔の方法について色々なクリニックが「○○式麻酔」などと呼んでいますが、基本的な違いはありません。

当院の包茎手術は手術時も手術後も麻酔も痛くない

当院では、既に局所麻酔の痛みを抑える技術について確立しており、過去12年間で3万例を越す包茎手術を行っておりますが、局所麻酔の痛みを訴える患者さんはいらっしゃいません。

当院だからできる「痛くない局所麻酔」については「麻酔の基礎知識」をご覧下さい。

完全無痛 「マスク麻酔」と「静脈麻酔」

どうしても痛みに対する不安があるという方には、完全無痛麻酔をご用意しております。

多くのクリニックで「無痛麻酔」と案内していますが、その多くは「完全無痛」ではありません。
冷却スプレーや、表面麻酔などを行い無痛麻酔と表現している広告や案内などをよく見受けますが、皮膚表面だけですのそれだけでは痛みを感じる重要なポイントをカバーできません。※詳しくは「麻酔の基礎知識をご覧下さい。

当院は全身管理を施す設備と技術が充実しておりますので、「完全無痛」での包茎手術も可能です。

方法はいくつかあるのですが、手術当日にお帰りいただけるように、「マスク麻酔」と「静脈麻酔」の2つの方法をご案内しています。

マスク麻酔

マスク麻酔は、口と鼻を覆う小さなマスクで、呼吸を行っているとわずか数分で眠ってしまいます。
小児に対する手術などでも行われる麻酔方法で、安全な麻酔方法です。

静脈麻酔

静脈麻酔は、点滴を行いながら眠くなる睡眠導入剤という麻酔のお薬を徐々にいれていくと次第に眠くなり眠ってしまいます。

前日の夜食は早めに済ませて、手術まで食事を取らないようにしていただく必要などありますので、ご希望の方は事前にお申し出下さい。


いずれの麻酔方法も麻酔が効いて眠っている間に包茎手術を行いますので、気がついたときには手術は終了しています。

終了後はそのままご帰宅いただけます。

※当院の局所麻酔は痛みをほとんど感じずに行うことができます。「完全無痛麻酔」は高価なため、ご希望の患者様のみに行っております。

手術後の痛みの心配もナシ

包茎手術後は、数日の間痛みが続くのではないかと、敏感な場所だけにそう思われてい方も多いかもしれませんが、適切な処置を行っていれば、手術後に痛みを伴うことはありません。

研修医レベルの医師が行なうならわかりませんが、熟練の医師によって、手際よく・丁寧に行なわれた包茎手術であれは、痛みをさほど感じることはありません

手術後には効果の強い傷み止めを処方しますので、手術当日は皆さん念のためお飲みになるようですが、多くの方は翌日以降は飲まれていないようです。

手術の傷跡について

認定専門医の熟練の技術だからできるハイクオリティーな包茎手術は、手術の傷跡もわからないレベルまできれいに仕上がり、全体のバランスも整った自然な仕上がりを実現します。

手術の傷がわからない理由 その1

亀頭直下埋没法

従来の手術方法(旧式作図法)では、包皮口といって皮を亀頭に被せた時の一番先端部分を中心として余っている包皮を切除するため、亀頭よりも数センチ下がった位置に傷ができます。
そのため、傷口から亀頭側はピンク色、根元側は茶色いったように傷を境に2色にハッキリと分かれる「ツートンカラー」になり、普段の状態でも傷口が見えてしまいます。

亀頭直下埋没法では、亀頭のすぐ下で余った包皮を切除し縫合するので、ツートンカラーにもならず、普段も傷が見えません。
※イラスト参照

従来の包茎手術と亀頭直下埋没法による包茎手術

手術の傷がわからない理由理由 その2

美容外科の技術を応用

当院の専門医は美容外科のスペシャリストでもあります。

美容外科では、目の上下のたるんだ皮膚を切除し縫い合わせるなど、そのほとんどが顔の表面に傷を作ることになりますので、この傷をわからないレベルにする高度な技術が要求されます。

多くのクリニックでは、美容外科のスペシャリストが手術を行なうことはありませんが、当院では美容外科の専門医が美容外科の「傷をきれいに仕上げる」「バランスと整える」といった技術を応用して行いますので、他では真似のできない、自然で美しい仕上がりが可能となります。

手術の傷がわからない理由 その3

認定専門医・医学博士など熟練専門医が担当

当院では、年間1,800症例以上を手がける認定専門医・医学博士といった熟練の専門医が包茎手術を行います。

多くのクリニックでは、担当の医師を「包茎手術の専門医」と称して紹介しているようですが、「包茎手術の専門医」という資格はありません。

当院では日本形成外科学会や日本美容外科学会から認定された専門医の資格を有する医師が包茎手術を担当します。

専門医の資格はそれぞれの分野に精通した知識と高い技術や経験を評価され、初めて与えられる資格ですので、最も信頼性の高い医学の資格と言えます。

日本では、専門医制度と専門医資格の重要性にちて、まだあまり一般の方々には広く知られていないようですが、海外の大きな病院では専門医資格をとっていないと従事することができないなど、重要視されています。

>>専門医制度について詳しくはこちらをご覧下さい

直筆体験談150件以上

包茎手術・長茎術【30歳代】
包茎の手術や治療の体験談1
包茎手術・亀頭増大術【40歳代】
包茎の手術や治療の体験談2
包茎手術・早漏改善(亀頭強化)【40歳代】
包茎の手術や治療の体験談3
包茎手術【20歳代】
包茎の手術や治療の体験談4
亀頭増大術【50歳代】
包茎の手術や治療の体験談5
包茎手術【30歳代】
包茎の手術や治療の体験談6
包茎手術・早漏改善(亀頭強化)【20歳代】
包茎の手術や治療の体験談7
パイプカット・男性避妊手術【40歳代】
包茎の手術や治療の体験談8

ご相談やご予約のご連絡方法

当院では、ご相談やご質問・ご予約について。お電話で直接対応させていただく方法のほか、それぞれに対応したメールフォームをご用意しております。

メールにてご相談やご予約を頂く方は、最下部の「メール相談」および、「メール予約」をクリック頂き、専用フォームに必要事項をご入力の上、送信してください。


仮性包茎 真性包茎 カントン包茎など、包茎についての詳しい説明は包茎の基礎知識のページをご覧下さい。


■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について
ページ先頭へ

割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom